京都祇園の夜のお店へ体験入店してみよう!

気になるお店にはどんどん体験入店へ


祇園には、キャバクラをはじめ、夜の時間帯に働くことが可能なお店がたくさんあります。
しかも、他のエリアと比べても時給も高いしお客さんのレベルも高いしで、女の子に人気の勤務地にもなっていますよね。

「しっかりと稼ぎたい!」
「憧れのエリアだから働いてみたい!」
と思う女の子も多いようですけど、しっかりとそれぞれのお店の特徴をキャッチして比べて、もしその中で気になったお店が見つかったら、じゃんじゃん体験入店に申し込んでみましょう。

「体入」という言葉が当たり前に使われてますけど、これはナイトワークではすでに当たり前になっているシステムです。

本入店の前、つまりちゃんとそのお店に在籍して働く前に仮の形で働いてみて、そのお店のルールや雰囲気などを体験しつつ本入店するかどうかを決めるための制度、それが体入と呼ばれるもの。

体入したからといって本入店が確定するわけじゃありません。
しっくりこないと思えば他のお店に体入すればよし
でも、体入しないまま悩んでいるのはダメ。
だって、それじゃいつまで経っても働き始めることができないですから。

少しでも気になったお店が見つかったら申し込んでみてください。
気に入ったお店ではなく「気になったお店」というところがポイント。
そのお店のことを気に入るかどうかは、体験入店してみないとわからないんです。

体入時のポイントも押さえておこう!


確かに高級店の多い祇園の夜のお店ではありますが、それでも、お店それぞれに特徴があるものです。
より観光客の多いお店もあれば、よりお金持ちの人が来店する店舗もあったりと、祇園内でもレベルの違いはバラバラ。

お店のコンセプトなども、もちろん違います。
時給は高いけど働きにくいと感じるキャバクラもあるかもしれません。
それは求人を見ただけではわからないので、実際に働くことで感じ取るしかないでしょう。
そのために利用するのが体入制度。

体入時は、「自分が何を重視してお店を選びたいか」を明確にしながら働くことがポイント。

お店の雰囲気?
お客さんの雰囲気?
時給?
キャストの女性たちの性格?
スタッフの対応?

人によって優先したいものが異なるので、それをあらかじめ整理しておくと、体入制度を有効に活用しながらベストな勤務先を見つけられるはずです。

あとは、その体入時にしっかりとお仕事を覚えることも大事
京都祇園は特に時給相場が高いから、体験している段階で仕事ができると判断されれば、本入店時からの時給額を高めに設定してもらうことができますよ。

何はともあれ、体験入店してみないことには始まりません。
見学するような心持ちで大丈夫なので、積極的にお店とコンタクトを取って訪れてみましょう。